睡眠薬副作用

サイトマップ

睡眠薬は副作用が怖いから飲みたくない。2度と睡眠薬に手を出さない切り札があります。


睡眠薬。今では睡眠導入剤と呼ばれています。
睡眠薬と言っても実は2種類あります。
まず最初にこれについて説明します。


【1】バルビタール酸系の睡眠薬
  
バルビタール酸系の睡眠薬はかつて(何十年も前)の睡眠導入剤です。
かつては睡眠薬を飲み過ぎて自ら命を絶つ人もいました。
しかし、現在ではバルビタール酸系はほとんど使われていません
この睡眠導入剤は抗うつ剤などに使用されています。
 依存症があり、頭痛やめまいはもちろん幻覚を見たりしたりします。
 
又、慢性的に使用し続けると服用量を増やさないといけなくなり
依存症がさらに深まってしまいます。
そして一旦服用する様になると、麻薬と同じでやめられなくなります。
服用をやめるには、医師の指示に従って少しずつ薬を減らして行かないとダメです。
そうしないと、依存症に耐えきれずに量を増やす事になってしまいます。

また、薬の持つ耐性ときものがあります。耐性のある薬は服用していると段々効かなくなります。
こうなると
・服用する量を増やす。
・もっと強い薬に変える。
しかし、これらの睡眠薬を使っている方はほとんどいないでしょう。
バルビタール酸系の睡眠薬については、考慮する必要はありません。


【2】ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が現在主流の睡眠薬です。
バルビタール酸系の睡眠薬に比べるとはるかに安全になっています。
依存症もほとんどありませんし、間違って又は意図的に大量に服用しても
生命の危機になる事はありません。
耐性もほとんどありません。数年に渡って服用し続けている人もいます。

ハルシオン、デパス、マイスリーという睡眠薬を服用している人も多いと思います。 
原則的には、服用し続けてもそれほど心配する必要はありません
但し、ハルシオンやマイスリー、デパスの様な短期間しか効き目が持たない睡眠薬(短時間作用型)は、長期間の服用後急に服用をやめてしまうと、服用前よりも酷い不眠になる可能性がありますので、注意が必要です。

そして、短時間作用型の睡眠薬の副作用は健忘があります
つまり睡眠薬を飲んだ後の事を忘れてしまう事です。
一方、長時間作用する睡眠薬は健忘の効果は出にくくなっています。

その代わり、持ち越し効果があります。
持ち越し効果とは、睡眠薬の効果が翌朝まで残ってしまう事です。
朝でも昼でも眠い。急な眠気に襲われる・・という副作用です。
そして、ふらつき などもありますので、高齢者は要注意です。

もう1つ重要な点はベンゾジアゼピン系の睡眠薬にしても医師の指示に従わないと大変な事になります
睡眠薬は、有効時間があります。原則的に翌朝までに効果を切れる様に
計算された時間に服用します。
例えば5時間が有効時間の睡眠薬は12時までに服用すれば翌朝7時に
起きるのであれば、効果が切れるまでは十分の時間があります。



しかし、いくら安全になったとは言っても、使用方法については注意が必要です。

@服用する時間を間違える
Aお酒と一緒に服用する
B服用する分量を間違える
C他の生活習慣病(高血圧や糖尿病)の薬と併用する

などは、睡眠薬を服用している間は、注意しないといけない点です。
特に、日中危険な作業をする人は、要注意です。

例えば、
日中でも急な強い眠気に襲われる事があります。
特に自動車を運転する人、建設業の人の様に高いところで仕事をする人

は大きな事故に繋がりますので要注意です。

こんな事になってしまいます。
従って安全と言われても、やはり睡眠薬は服用したくはありません

実は私も不眠症に悩まされていました。
明日会社の偉い人にプレゼンしないといけない前日なんか、興奮して全く眠れません。
あれを聞かれたらどう答えようか?・・頭の中で渦巻いていました。

しかし、幾ら昔よりは安全になったとは言っても、睡眠薬の服用はしたくありませんでした。健忘症が怖かったからです。

・知らない内に重要な事の承諾や契約をしてしまった。

だから不眠解消に何か良いものが無いかな・・いろいろ調べました。
アロマ、高級な寝具、枕、安眠ミュージック。などなど

そこで見つけたのが、医薬部外品の安眠ドリンクでした。

マインドガードDXという安眠ドリンクです。

結果的にこの安眠ドリンクを飲む様になってからは、不眠には悩まされなくなりました。
天然成分から出来ているので、特に副作用には心配が要りません。



実は一番心配したのはメラトニンです。
メラトニンはアメリカでは、普通のお店に売っています。日本では医師の処方がいりますが、アメリカでは医薬部外品として扱われているのです。
要は、時差ぼけを調整する薬です。
アメリカの三サンディエゴに行った時に、時差ぼけが酷く
全く夜眠れなかったので、友人に相談したら、メラトニンの薬を貰いました。
確かに飲んだら、良く眠れたのですが、翌朝は眠くてしょうがなく仕事にならなかった経験があります。
とにかくふらふらになってしまったのです。
それに夜、気持ちの悪い生物に追われる悪夢を見て、うなされていたそうです。

だから、マインドガードDXがメラトニンを含んでいたら
止めて別の安眠サプリにするつもり
でした。

マインドガード


幸いにもメラトニンは含んでおらず セロトニン という別の脳内ホルモンを重視
とありました。これも気になったのですが、、調べたところ

・セロトニンそのものを含んでいるのではなく、体内でセロトニンを作る為の アミノ酸のトリプトファンを摂取する
・あくまで天然素材にこだわっている。
・天然の安眠成分である ギャバ、グリシン、クワンソウの安眠成分を配合
・アンチエージング成分の トランス・レスベラトロールを沢山含んでいる

という事で、安心しました。



実は、もう1つ心配がありました。
安眠ドリンクは ノニ が入っています。このノニを含んでいると凄く不味いのです。

実際購入して飲んでみるまでは、不味いのは我慢するしかない・・と思っていました。
しかし、飲んでみたら・・不味くない。
強いてあげると ケールを含んでいない青汁の様でした。
大麦若葉の美味しい青汁・・あんな感じです。

でも実際、味は関係ありませんでした。
味事態が薄いので、オレンジジュースに混ぜて眠る前に飲んでいます
もちろん、酒を飲んだ日は、マインドガードDXは飲みません。

その結果、直後は余り効果無かった気がします。
でも1月位たったら、いつの間にか眠れる様になっています。
プレゼンの前の日も、意外と眠れる様になりました。
天然成分が中心なので、極端な即効性は無いかもしれません。
でも逆の意味で安心です。

睡眠薬の副作用に怯えている方・・一度マインドガードDXを試してみませんか?



今なら、このサイトから購入して頂けると、25パーセント割引になっています。



マインドガードDX


「睡眠薬の副作用に怯える事無く心地よい安眠を取り戻しませんか」について

睡眠薬は副作用が怖いから飲みたくない。でも急にやめると麻薬と同じで急にやめる禁断症状が。でも2度と睡眠薬に手を出さない切り札があります。

ダイエットの歴史